機械工学・材料系学科  
 Department of Mechanical Engineering and Materials Science


















横浜国立大学 理工学部
機械工学・材料系学科
〒240-8501
神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台79-5
TEL:045-339-3840(学科事務)
FAX:045-331-6593
アクセスマップを見る




機械工学教育プログラム
Webサイト
材料工学教育プログラム
Webサイト
               
             


学科のアドミッションポリシー
学科の学習教育目標
学科の成り立ち
学科の入試について



機械工学・材料系学科のアドミッションポリシ

人々の快適な生活を支える機械工学または材料工学に興味を持ち、それらを用いて環境に調和した心豊かな社会を構築したいと考える人を求めます。自由と責任の意味を知る者としての自律性と、工学の基盤となる数学・物理・化学の基礎能力とを持ち、大学で自らの能力を高めようとする意欲を持つ人を求めます。

本学科には2つの教育プログラムがあります。

機械工学教育プログラム
機械工学は、機械とそれらを組み合わせた機械システムを対象とする工学分野です。この教育プログラムでは、材料力学、熱力学、流体力学、機械力学、自動制御といった基盤領域の教育を重視しており、機械工学の基礎を体系的に教育し、多様な分野で活躍できる資質を備えた人材を養成します。特に、以下のような人を育てたいと思っています。
  • 現代の快適で安全な社会を支える自動車、航空機、ロボット、エネルギー機器、福祉・医療機器などの各種機械や、そのシステムを創造する人
  • 未来社会を担う革新的な機械を創り出せる人、また人類が抱えるエネルギー・環境などの諸問題を新しい技術により解決できる人

材料工学教育プログラム
材料工学は、物理や化学の基礎科学を応用してものづくりを達成するための工学分野です。金属、セラミックス、半導体とその周辺材料を対象に、材料についての基本的・体系的な教育を実施し、機能・構造材料の開発・設計に寄与する材料技術者や研究者を養成します。特に、以下のような人を育てたいと願っています。
  • 物理や化学に基づいた、材料の様々な性質を生み出す仕組みを解明できる人
  • 材料工学に強い関心を持ち、新材料や新規機器の開発分野で活躍できる人


学習教育目標

機械工学教育プログラム
材料工学教育プログラム

機械工学・材料系学科の成り立ち




機械工学・材料系学科の入試
 詳細は募集要項をご参照ください(万一情報の不一致があった場合は募集要項の記述を優先といたします)。

 学科入学定員 140名
   募集人員 機械工学教育プログラム 100名   材料工学教育プログラム 40名

 教育プログラムの変更
   所定の数の希望者について、2年次進級時に専攻する教育プログラムを変更する
   ことが可能
 このページのトップへ